子育てブログ🌱MONTE

モンテッソーリ教育と0歳児こびとちゃんの子育てブログです☺︎

0歳児の後追いは心の発達を促すモンテッソーリ教具で解決!

生後6ヶ月ごろから、赤ちゃんの後追いに悩まされるお母さん、多いですよね。

  • トイレに行けない
  • 家事が終わらない

声をかけたり、好きなおもちゃを渡したりしても泣き止まない。
毎回大泣きされると、自分も疲れる。
毎日のことなので、切実なんですよね><

この後追い、赤ちゃんの心の発達を助けてあげると随分軽減されました。

今回は心の発達を助け、後追い軽減へ導くモンテッソーリのお仕事教具をご紹介します☺︎

後追いの原因

後追いの原因としては、目の前に見えないものを「存在しなくなった」と思っている赤ちゃんの認知があります。

いつもお世話をしてくれる大好きなお母さんやお父さんが、突然見えなくなって「消えた!」と思ってしまうんですね。

確かに、大切な人が急に音信不通になったら、大人も動揺してしまいます。

でも、これは日常の話なので、「目の前になくても存在する」ということを赤ちゃんに学んでもらえば良いのです☺︎

対象恒常性を学ぼう

「目の前になくても『ある』と理解できる心」のことを対象恒常性といいます。
この心の働きが未熟なため、赤ちゃんは後追いで大泣きするわけです。

逆に、この対象恒常性を生かした遊びが「いないいないばあ」です。
はじめは「消えたと思ったのに、出てきてびっくり!嬉しい!」と思ってニコニコ。
だんだん対象恒常性を学ぶと「やっぱり出てきた!」と喜ぶわけなのです☺︎

オススメおもちゃ

この対象恒常性を学べるのが、今回オススメのモンテッソーリ教具。
「ボールを穴に入れると、見えなくなってから現れる」
シンプルですが、赤ちゃんの夢中になる姿がかわいいですよ☺︎

トレイ付き玉入れ

「上の穴にボールを入れると、一度消えて、下から出てくる」というとてもシンプルなトレイ付き玉入れ。

ほしいのですが、どこを探しても5000円近くするので、今回は空き箱でつくってみました☺︎

空き箱で手作り

f:id:demichannel:20180927160629j:plain

空き箱の上フタに丸、側面に四角の穴をあけました。
内側はボールが出てくるように傾斜にしています。

赤ちゃん用のおもちゃはなるべく強度は強めにしておく必要があります。
(でないと容赦なく潰されます(涙)

今回もフタと箱を内側から強力な布ガムテープで接着しました。
以前セロテープで作ったら破壊されたので、教訓です(笑)

ハンマートイでも代用OK

ハンマーでボールを落とす、このおもちゃも同じ効果が得られます。
ただ、ハンマーを使えるようになるのには時間がかかるので、難しい間は指先で押して見せてあげると良いです。

遊び方のコツ

はじめは遊び方を見せてあげます。

見せてあげると毎回釘付け!
見せ方のコツとしては、

  • 動作は8倍ゆっくり
  • 声は出さない

動作をゆっくりすると、大人も動きに集中して、空気感がピンとする気がします。
声を出さないことで、余分な情報もカットされます。

物を離す手の動きができる生後8〜9ヶ月頃には、自分で真似してボールを穴に入れて遊ぶことができます。

おしまいに

このモンテッソーリ教具でよく遊ぶようになってから、

後追いが本当にマシになりました!!!

毎回私がトイレに行くと大泣きだったのですが、最近は後を追っても廊下の柵の前で待っていたり、もはや気にしていなかったり(笑)

顔を壁からひょこひょこ出して、待っていたりします。
かわいい♡

少しずつ、対象恒常性が身についてきたのでしょうか。

嬉しいような、ちょっと寂しいような、親心。

f:id:demichannel:20180927160641j:plain

△手作りおもちゃはボールが箱の角へ行って、出てこないこともしばしば。
中に入ったボールをつかみ出そうとしています。
作りが雑でごめんね(笑)
結局、ハンマートイの方が活躍しています。