子育てラボ🌱Monte

0歳児こびとちゃんとモンテッソーリ教育&赤ちゃん学を実践するブログです☺︎

【NAMC】通学なしで取得できるモンテッソーリ教師養成資格の講座

モンテッソーリ教育について体系的に学べる教師資格を取りたいと思って調べていたところ、出会ったのがNAMC(North American Montessori Center)のモンテッソーリ教師養成講座です。
カナダの団体が行う教員養成講座で、通学なしでモンテッソーリ教師の資格を取りたい方にオススメ!
今回はNorth American Montessori Centerの教師養成講座についてまとめます。

 モンテッソーリ教師養成講座とは

モンテッソーリ教師とは

「モンテッソーリ教師」と一概に言っても、その定義はいろいろです。養成講座を受講していなくても、モンテッソーリ教育を実践している園で働く先生もいらっしゃいます。ただ、理論を体系的に学べるという点で養成講座を受ける価値は大いにあると思います。

主なモンテッソーリ教育団体

モンテッソーリ教育の活動をしている主な団体は
・国際モンテッソーリ協会
・日本モンテッソーリ協会
・日本モンテッソーリ総合研究所
の3団体で、それぞれ教師養成講座を行っています。

通学ありで学べる方

通学ありで学べる方はモンテッソーリ教師資格取得講座について網羅的にまとめられているこちらのサイトがオススメです。

bambi-no.net

通学なしで学びたい方

人にもよると思いますが、通学ありのコースの場合は地理的、金銭的、時間的な拘束が結構ネックになるのではないでしょうか。
私の場合は妊娠期間に学ぶことになったため、通学なしで学べる講座を探しました。
そこで見つけたのがNAMC(North American Montessori Center)のTeacher Trainingコースです。

NAMC教師養成講座について

AMSというアメリカのモンテッソーリ団体出身の先生が行なっているモンテッソーリ教師養成講座です。「教師養成講座を行っていない国の先生」や「自宅でモンテッーリ教育を行うお母さん」でも学べるようにと作られた通信教育です。教材も課題も全て英語ですが、分かりやすい文章で書かれています。
卒業生は世界140カ国以上に、開講実績は20年以上もあるので、安心の講座です。

www.montessoritraining.net

NAMC教師養成講座の種類

NAMCでは4つのコースが年齢別に用意されています。

1.Infant/Toddler

 ・対象年齢:0〜3歳
 ・受講期間:7ヶ月(約2ヶ月ごと3タームで課題提出)
 ・受講料:$1,924.00
 ・推奨学習時間:3時間/週

2.Early Childhood

 ・対象年齢:3〜6歳
 ・受講期間:7ヶ月(約2ヶ月ごと3タームで課題提出)
 ・受講料:$2,225.00
 ・推奨学習時間:4時間/週

3.Lower Elementary

   ・対象年齢:6〜9歳
 ・受講期間:9ヶ月(約3ヶ月ごと3タームで課題提出)
 ・受講料:$2,849.00
 ・推奨学習時間:4時間/週

4.Upper Elementary

 ・対象年齢:9〜12歳
 ・受講期間:9ヶ月(約3ヶ月ごと3タームで課題提出)
 ・受講料:$2,849.00
 ・推奨学習時間:5時間/週

【受講期間】

コースの開始時期は一斉にあるわけではなく、各自が申し込んだ時点からコースを開始することができます。各自の課題期限についてはログインしたあとのマイページから確認できます。

【推奨学習時間】

HPに記載がありますが、あくまで目安です。私の場合は締め切り前に焦ってやっていたこともあってばらつきがありますが、平均時間にして1日1〜3時間は学習していたと思います。

NAMC教師養成講座での学び方

講座に申し込むと段ボールで重いテキストがどっさり届きます。

f:id:demichannel:20170504175653j:plain

Early Childhood(3~6歳)のコースのテキスト6冊です。

課題について

英語でそれぞれの分野に100問前後の問題に答えながらテキストを読み込み、基本的にはテキストと動画、NAMCのブログ記事を読みながら学んでいきます。

このブログは受講生以外にも公開されており、とてもためになるのでオススメです。

課題の中には単語や文章をテキストから抜き出せばOKのものもあれば、一章まるまる要約したり、実際にアートの授業をする際の作品を作ったものの写真と作成過程をまとめる問題があったりと多種多様です。
ただ、ノンネイティブも多く受講しているため、きちんとテキストと課題の概念が理解できていれば、英語の表現力や文法的な間違いは評価には関係ないそうです。

チューター制度

受講生一人一人にチューターがつき、わからないことや聞きたいことを質問することができます。私はメールでのやりとりのみでしたが、スカイプや電話での質問も可能だそうです。
メールの場合は送って2〜3日後までには必ず丁寧な説明の回答が送られてくるので、安心して受講を続けることができました。

通学と違い、実際に話を聞ける先生や一緒に切磋琢磨するクラスメイトがいないため、チューターの存在は重要です。

課題の評価

課題の提出期限が迫るとメールで期限のお知らせが届きます。もちろん期限内に早めに提出するのも可能です。
課題を提出すると数日後にチューターから返信があります。引き続き学ぶモチベーションを保てるように、課題へのABC評価だけでなく、間違っていた問題についての指摘とアドバイスなども詳しく書かれています。

受講を終えての感想

妊娠期間の時間があるうちに体系的にモンテッソーリ教育を学びたかったので、その意味ではこの講座は受講して正解でした。
提示も動画なので何回でも見ることができ、基本的な英語で書かれているので、英語力を保つのにも役立ちます。

ただ、やはり実際に教具を目の前にして実践を積むこと、そして先生やクラスメイトとの人脈ができないことは大きなデメリットでした。

諸事情により通学ができない、または実際にモンテッソーリ園で実践をしているが、テキストで予復習をしたり、全体像を把握したい方にはこの講座が良いと思います。

場所や時間、金銭的に実際に通学ありで通える方には、通学ありでしっかり実践を身につけるのがおすすめです。

おしまいに

こびとちゃんの出産予定日に課題を提出し終え、無事に成績表とともにDiplomaを証明する証明書が送られてきました。 
成績は見事に全てA!大学の勉強よりも楽しく、ためになる学びでした(笑)
こびとちゃんを観察しながら、少しずつ実践していきたいと思います。


f:id:demichannel:20180223063022j:image